発達障害学生におくる、九大生活の道しるべ

発達障害(自閉症スペクトラム)の私が後輩のみなさんに向けて綴る、九大生活の見通しを立てるためのサイト。講義など学内の様子や学食、図書館など施設の利用法、障害者支援情報、発達障害の私が実際に直面した問題や工夫していることなど。

九大で使う参考書 ―選び方から買い方まで―

 

こんばんは('ω')ノ

新入生の皆さん、お元気ですか?

 

思えば1年前、私は入試で精根尽き果て、、、

もう落ちたと思って号泣し、、、

合格が分かって腰を抜かし、、、

喜ぶ間もなく色々な手続きや買い物で大忙しでした\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

もう、精神的にハードすぎて、あまり記憶もないくらいです。

皆さんも、どうぞ無理をなさらないでくださいね。

 

今日は、大学で使う参考書について書きたいと思います。

高校までは、高校生向けの参考書や問題集が沢山ありますが、「大学生向け」を謳っている参考書はあまり見かけません。

大学では、どのような参考書を利用したり購入する必要があるのかなどについて説明したいと思います。

 

 

 高校の参考書は取っておく

 

まず、受験勉強に使った高校の参考書は、まだ捨てないでくださいね。
私は早く受験を忘れたくて、すぐに捨ててしまった参考書も多く、後に後悔しました(~_~;)

 

意外と高校の参考書も大学での勉強に使います。

高校の内容の確認はもちろん、「発展」としてコラム形式で書かれていて高校生のときは読み飛ばしていたところに大学で習う内容が分かり易く書かれていたりします。

また、実験レポートの考察を考えるときは、受験とは違った視点で参考書を読みました。

受験のときに買ってはみたものの、難しくて放置していた参考書が今見るとちょうど役立ったりもするので、とりあえず全部取っておいたほうが良いと思います。(さすがに赤本や模試は処分して大丈夫と思いますが。)

1、2年様子を見て、使わないようであれば、徐々に処分していけば良いかと思います。

 

 

九大で使う参考書の選び方

 

もちろん、大学に入ってから新しく買う参考書もあります。

こちらのサイトの「シラバス検索」から、履修予定の講義や気になっている講義の詳細なWebシラバスを見ることが出来ます。

↓↓↓

Campusmate

 

このWebシラバスには、授業で必要なテキストや、自主学習に使う参考書が書いてあります。指定されたテキストは、基本的に購入必須です。

参考書も、分かりやすいものが紹介してあることも多く、購入する際にはシラバスが参考になります。

もし、シラバスにある参考書がイマイチなときは、別の先生が担当している同じ講義のシラバスを検索してみると、そこで別の参考書が紹介してあることも。

先生によっては、講義の中でおすすめの本や参考書を紹介して下さることもあります。

こうした情報を参考に、自分に合った参考書を探してみると良いと思います。

 

 

 

参考書は買わなくても良い?

 

実は「参考書」は購入必須ではありません。

Webシラバスに書いてあるテキスト(教科書)は必ず買う必要がありますが、参考書のほうは主に自主学習用で、必要に応じて買えば良いので、最初は買わずに様子を見たほうが良いと思います。

何しろ、大学の参考書は高いので、5000〜8000円くらいのものもざらにあります。

私は入学して最初の前期、シラバスに載っていた参考書をはじめに全部買ってしまい、結局使わないという勿体無いことをしてしまいました(・・;)

 

ちなみに、シラバスに載っているもので一番高かったのは24,000円の生物の参考書。(こんなの↓↓↓) 

細胞の分子生物学

細胞の分子生物学

  • 作者: Bruce Alberts,Julian Lewis,Martin Raff,Peter Walter,Keith Roberts,Alexander Johnson,中村桂子,中塚公子,宮下悦子,松原謙一,羽田裕子,青山聖子,滋賀陽子,滝田郁子
  • 出版社/メーカー: ニュートンプレス
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 大型本
 

 

結局、教科書だけで十分に勉強できたので、買わずに済みました(^-^;

専門に上がったときにはこんなのも買うのかな。

 

 

 

九州大学付属図書館で借りてみる

 

参考書を購入するか迷ったり、中を実際に見てみたいというときは、シラバスに載っているものなら嚶鳴天空広場や伊都図書館に必ず置いてあるので、まずは借りてみるのが良いと思います。

嚶鳴天空広場は1年生が授業を受けるセンター2号館4階にあって、参考書もきれいなものが揃っているので利用しやすいかと思います。こじんまりとしていて、目当ての書籍も探しやすいです。

伊都図書館はきれいなところで快適ですが、広いので目当ての本が探しづらかったり、本がけっこうボロボロだったりすることも(^^;;

 

こちらに、九州大学附属図書館のサイトのリンクを張っておきますね。

図書館の蔵書検索や、取り置きの申請、貸出期間の延長などがこちらからできます。

www.lib.kyushu-u.ac.jp

 

 

 

教科書や参考書を買うときは

 

教科書や参考書を購入するときは、生協で買うと書籍が10%OFFになるのでおすすめです。

伊都キャンパスだと、教科書売り場は皓皓舎の福銀側の入り口から入ってすぐ左手にあります。

 

f:id:KUinfo:20170314143145j:image

 

皓皓者に置いていない本を買いたい場合は、こちらのサイトから注文することもできます。

書籍のご注文 : 九州大学生活協同組合

 

とはいえ、私は体力がなくていつもフラフラしているので、重たい参考書やまとめ買いの際はネットで買うことが多いです。

私は主にAmazon Studentを利用しています。

書籍の購入金額の10%ポイントがもらえるので、実質生協と同じ値段で参考書などが買えます。重たい本も自宅まで届けて貰えるので便利です。

こちらも、リンクを張っておきますね。

Amazon.co.jp:学生のためのプログラム Amazon Student

 

 

 

 中古の参考書という選択肢

 

大学の教科書や参考書は高価なものも多いため、高い教科書・参考書は中古で買うのもおすすめです。

意外と中古の参考書でもきれいなものもあります。

私はAmazonマーケットプレイスをよく利用しますが、大手の古本屋が出しているものはわりときれいなものが多いです。

どうしても新品にこだわらないのなら、中古だと安く買えるのでおすすめです。

 

 

以上、大学の参考書についてまとめてみました。

図書館や中古なども利用して、必要な書籍を賢く揃えてくださいね('ω')ノ